【デュエプレ】14弾…新能力多すぎん?新能力をなるべく分かりやすく解説!!!

デュエプレ

14弾のSR枠である「大地竜機シロガシラ・ジュカイ」…とりあえずテキスト長い(笑)あまりに長いと読む気失せるのは私だけではない筈…(笑)

 

 

頑張って簡単にまとめると…

 

①召喚によって場に出た時山札上3枚を確認

 

②その中で”マーシャル・タッチ”持ちクリーチャーがいたらコストの高いのを優先して場にタダ出し

 

③”マナ爆誕”持ちがいたらそれはマナへ置く(使用可能マナは増えない)

 

④どちらにも該当しないカードはデッキボトム行き

 

⑤マナ爆誕8

 

こんな感じww

 

 

“マーシャル・タッチ”やら“マナ爆誕”やら聞き慣れない単語がわんさか入ってますが、この2つは14弾にて初登場の能力。

 

 

そして14弾には“連鎖”と呼ばれる新能力も存在し、

 

 

更には“返霊”という新能力まで登場(笑)今回新能力を中心にカードパワーが上がり迫力出そうな反面、新要素多過ぎて人によっては敬遠してしまうのではないでしょうか?

 

 

デュエプレを心から楽しんでいる身としてはプレイ人口が減るのは芳しくないので、今回は私なりに新能力を分かりやすくまとめていきたいと思います!!

 

 

【マナ爆誕】

まずは“マナ爆誕”マナ爆誕を持ったクリーチャーはマナゾーンにいてもマナ爆誕用コストを支払う事でマナゾーンから出す事が可能。

 

 

「ババン・バン・バン」の場合、手札から召喚する場合は8マナ必要ですが、マナ爆誕で出す場合9マナで召喚出来ます。

 

 

手札消費なしでマナから出せるというのがポイント。マナから出る分、マナ自体は減っているので使い過ぎには注意しましょう。

 

 

 

【マーシャル・タッチ】

お次は“マーシャル・タッチ”

 

マーシャル・タッチの効果を使うには自分の他のクリーチャーを手札に戻す必要があります。戻すタイミングは場に出た時になります。

 

 

「アブドーラ・フレイム・ドラゴン」の場合、場に出た時に他のクリーチャーを戻したらパワー5000以下のクリーチャー全てを破壊します。

 

 

自分のクリーチャーを戻すというのは盤面としての戦力は落ちる為、能力発動のコストとしてはかなり重い部類に入りますが、その分強力な効果が多いのがマーシャル・タッチ。

 

 

手札に戻す事効果は一見マイナス要素だけに感じますが、戻すクリーチャーのCip効果を再利用する高度な使い方も可能。

 

 

 

【連鎖】

3つ目の新能力は“連鎖”

 

 

連鎖持ちのクリーチャーを場に出した時、山札上を捲ります。それが場に出した連鎖持ちクリーチャーよりもコストが低い場合、なんとバトルゾーンにタダで出せます!!

 

 

連鎖を持つ「アクア・ジェスタールーペ」を出した場合3、2、1のクリーチャーが捲れるとそのまま場に出せる事になります。元々のコストが大きければ大きい程、召喚範囲が広くなります。

 

 

【激流連鎖】

“連鎖”には上位能力が存在。それが“激流連鎖”

 

 

現状では「サイバー・G・ホーガン」のみが持つ能力で、捲れるカードが1枚ではなく2枚に増加。その分成功率も上がり、上手くいけば2体出す事も可能。

  

 

連鎖クリーチャーから連鎖クリーチャーが出た場合、更に山札を捲って連鎖の効果を使えます。コストの面で成功率は下がっていきますが、まさに連鎖と呼ぶに相応しい連続召喚がこの効果の魅力でしょう。

 

  

 

【返霊】

“返霊”は攻撃時に発動する能力。返霊の右側に書いてある数字分のカードを墓地から山札下に置く事で効果発動します。「トロール」の場合は自分の墓地のカード1枚をデッキボトムに戻せば相手の手札をランダムで捨てさせます

 

 

墓地にカードを置くという下準備が必要なものの、カードタイプを指定していないので、発動自体は然程難しくないです。

 

 

デッキボトムに戻す事でライブラリアウトの回避、「ランブル」の覚醒の手助け等にも使えます。

 

 

【殲滅返霊】

返霊にも上位能力があり、その名“殲滅返霊”

 

 

返霊は自分の墓地を対象としますが、殲滅返霊は自分、相手、更に両方からデッキ下に戻す事で効果を使えます。

 

 

唯一殲滅返霊を持つ「ディアスZ」は4枚のカードを戻す事で、相手に手札か場のカードを山札下に送る事を強制します。

 

 

殲滅返霊の強みは両者からそれぞれのカードを指定枚数デッキ下に送った場合は2回分効果が使える点。「ディアスZ」の場合自分と相手の墓地から計4枚ずつ戻せば2枚のカードをデッキボトムに沈める事が出来ます。

 

 

相手の墓地のカードを山札下に戻す事は墓地利用のデッキにとっては戦術プランの妨害を意味します。効果発動の為のコストが相手の妨害に繋がるのは強力ですね。

 

 

ちなみに戻すカードはランダムです。本家では選べたのでここは本家よりも弱体化した点と言えるでしょう。後、殲滅返霊で自分と相手の墓地2枚ずつ戻して計4枚という換算は出来ないです。

 

 

 

【ループ覚醒】

“ループ覚醒”「時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤスヌグレンオー」のみが使える能力。

 

 

通常の覚醒というのはサイキック・クリーチャーのコストの高い側に裏返す事を指し、ステータス強化、効果も強力になるのが特徴ですが、「シンカイヤヌス」「ヤスヌグレンオー」のコストは共に4。

 

 

「シンカイヤヌス」がいる時に火のクリーチャーが出ると「ヤスヌグレンオー」になり、自分クリーチャー1体にパワーアタッカーとスピードアタッカーを与え、「ヤスヌグレンオー」がいる時に水のクリーチャーが出ると「シンカイヤヌス」に戻り1ドローします。

 

 

非常に簡単な覚醒条件で、くるくる入れ替わる事でカードを引いたりクリーチャーを強化出来るのが特徴。ターン内1回制限もないので何度も覚醒出来ます。

 

 

余談ですが、覚醒すると召喚酔いがなくなります。即戦力になるという点でもメリットですね。

 

 

以上が今回登場した新能力です。実は他に「炎説実況DJ・ショー」がよく分からない能力を有しているのですが、まだ確定した情報が出てないので割愛します(笑)

 

 

なるべく噛み砕いて説明したつもりです。少しでも参考になれば幸いです^_^

 

 

以上!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました